【告白】ケシ―がずっと嘘をついてきたこと【カミングアウト】

2017/03/29 ケシー

皆さまごきげんよう

ケシ―です。

 

 

 

私が、ずっと黙っていた事があります。

 

 

 

私は、フィリピン人のハーフです。

 

 

これを、私はずっと

言えずにいました。

 

 

祖父がアメリカに居て実家があるので

アメリカ人のハーフだと、言っていました。

けど、本当はフィリピン人です。

(祖父と祖母は別居していて、フィリピンにも実家があります)

 

 

 

 

そして、私はそれを

大人になってから

人に言えずにいました。

 

 

 

私は自分の血筋を

否定し続けて生きてきました。

 

そして、もうそれをやめよう。と

自分を丸ごと、自分こそが大切にしよう、と

決めたので

 

ここで、告白させてね。

 

 

 

隠すようになった理由は

些細な事がきっかけ。

 

さかのぼる事小学生の頃

私は北海道で育ちました。

 

その小学校で、私はとても色黒だったのと

ちょっと、変わった子供だったので

 

同級生の子供たちが

本当にそう思って言っていたのか

その子たちの親が家の中で言っていたのか

私には解りませんが

 

フィリピン人は育ちが悪い

国に帰れ

 

と、言われた事がありました

 

ありがちな

学校の中での些細ないじめなのですが

 

周囲の子供たちが

私が最も傷つくであろう言葉を

選ぼうとした時に

使われたのが

 

”フィリピン人”という言葉でした。

 

 

幼心に、私がフィリピン人のかたわれであるという事が

ここでは、歓迎される事ではないのだ、と

小さな闇の種を心に植え付けたことでした。

 

 

そして、それから

その闇の種が大きく根付いてしまう

事件が起きました。

 

 

 

フィリピン人には

たくさんのダンサーがいる事も

水商売に従事する人がいる事も

知っていましたが

 

 

ある日、とある男の子が

後ろから私に抱き着き

腰を振る動きをして

”ピーナは売春婦だから何しても良いんだぜ”

と大きな声で言いました。

 

 

ただの冗談だったんだと思います。

 

けど、この日から私は

人に、正しい自分のバックグラウンドを話す事を

やめました。

 

 

フィリピン人は

大切にされない存在なんだと

思い込んでしまいました。

 

 

 

「フィリピン人が日本人を騙して金稼ぎに来る」

「俺、フィリピン人苦手」

「フィリピン人にはきっとわからんだろう」

 

悪意の無いこういう言葉や情報に

人一倍敏感な隠れフィリピン人の私は

傷ついたりしながら。笑

 

 

 

 

 

太ってるのは努力すれば痩せられる

頭悪いのも勉強すれば克服できる

不細工なのも、努力すれば変えられる

仕事だって一生懸命やれば結果が出せる

 

 

けど、自分の人種だけは

私に流れる血の種類だけは

どうしても、変えられないじゃないかと

 

 

私は、いつしか

自分の半分を否定し

受け入れられないまま

31歳になりました。

 

 

どこか

そんな自分を受け入れたいがために

色んな事を努力して

生きていたのだと思います。

 

哀しい哀しい

自分を愛したいがための闘争に

ほとほと、疲れ果てました。

 

けど、なんか今日

もう、嫌になったんです。

自分を偽って生きるのは

 

 

丸ごと自分を愛したい。

自分こそは自分を丸ごと大切にする。

そう決めました。

 

 

そして、そうなった理由の

1つが

 

やっぱりえーせー。

 

 

私が、私を否定する事は

えーせーも否定する事になっちゃうって

それがとても気になっていました。

 

 

 

だから、受け入れたい

自分の、そこを受け入れたい

そう思ったんです。

 

 

その為には、ちゃんと告白したい

みんなにとっては

大した事ない事かもしれないし

今更、その事を告白した程度の事で

私から去る人がいるなんてことないって解ってるけど。

 

長年培われたコンプレックスは

この告白を

自分の中の最大のタブーにしていました。

 

幼い私が受けた傷は

31歳になって母になった今も

まだ癒えてなかったんだなぁと

ドキドキしながら何度もブログを書き直しながら

今、実感しています。

 

 

 

 

最近、ブログの読者も増えてきて

影響力が出てきて

 

どこかでいつかこの事を解決したい気持ちが

ずっとあったんだけど

 

 

 

もういいや

ってなんか今日思えた。

 

 

 

だからプロフィールも書き換えたw

ケシーについて

 

 

 

皆にとっては、大した事じゃないかもだけど

ケシーにとっては超勇気だったんだw

 

 

売りにするつもりはないけどw

 

ピーナハーフのケシーと

ピーナクォーターのえーせーを

これからも変わらずよろしくね^^

 

 

そして、おおらかにケシ―をいつも受け入れてくれる

友人、お客様

そしてベンジャミンに感謝ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

みんな、これからケシ―もっとパワーアップするよ!

いつも、本当にありがとう

S__5824519

愛を込めて

 

 

 

けし子

 

FBライブで、お話しもしてます♪
FBページフォローしてね♪


ライン友達申請してくれたら
最新の更新情報やライブ情報が届くよ(*'▽')

友だち追加

面白い!役に立つ!と思われましたら
シェアしてくれたら嬉しいな☆
FB・コメント欄でお知らせして頂けると
超喜びます(*'▽')ハッハッ♪

鑑定・メニューはこちらから

ケシー's 風水
【財運UP/縁結び/結婚成就/商売繁盛】
☆1人1人の運気に合わせた
完全オーダーメイド制の風水です☆


ご予約・セッション内容詳細はこちら
過去のお客様の声
プロフィールはこちら

クレジット決済可能です

急がない方はこちらがおススメ☆彡
【お気持ち制】!!お手紙鑑定始めました(*'▽')!!【御守り付】

イベント情報
【今現在未定】
決まったら告知するね☆彡(*'▽')☆彡

シェア多数の推薦必読記事はこちら

【純度力向上メモ】皆さん!!!!朗報です!!!!

ケシーに舞い降りた、天啓。絶対にまず知っておいてほしい事。

【愛】愛は、感情ではありません、”能力”です。

絶対に幸せに気付く愛をもって生きる方法

【愛】今日は面会交流でした

別居中の旦那さんと面会交流した話

【告白】ケシ―がずっと嘘をついてきたこと【カミングアウト】

ケシーのコンプレックスを手放せた話

【開運方法】お風呂瞑想のやり方

ケシーがいつもやってる瞑想について

お風呂風水のすゝめ【完全版】

風水瞑想の完全版①~⑬シリーズ


過去記事一覧は!こちらから☆

The following two tabs change content below.
ケシー

ケシー

 大学という日本独自のパラダイスを卒業し  迷い込んだように上場企業でコンサルしていたが、占いにはまり退職。  占い企画会社を経営しながら、自身も風水師として活躍。  占1グランプリの産みの親。占い師プロデュースとして叶えるコンシェルジュ協会を運営。  運営メディアに占い師TVがある。  ちなみに名前は本名。半分外人である。あだ名は”大海原のキャビア”。子供と旦那1人ずつ。

この記事をシェアする!

“【告白】ケシ―がずっと嘘をついてきたこと【カミングアウト】” への6件のフィードバック

  1. ちょっかく より:

    けしーさん、はじめまして。
    けしーさんのブログとっても楽しみにしています(^^)

    けしーさんはけしーさん(^^)💛
    大好きです。
    いつもありがとうございます🍀

    • ケシー ケシー より:

      ちょっかくさん

      嬉しいです(T_T)
      等身大のケシーをこれからも
      どうぞよろしくお願いします♪

      けし子

  2. 石川千鶴子 より:

    大学卒業以来イギリスに10年アメリカに20年近く住んできましたが、フィリピン人が差別されているのはみたことも聞いたこともありません。日本人は外国人に慣れていないこともあって不躾なことを考えたり言ったりしがちですよね。フィリピン人はスペイン人との混血が多いとか聞きました。DNAのテストしてみると面白いかもしれませんね。それからアメリカ人だっておっしゃっていたのは別にウソついていたわけではないと思います。ここは人種は関係のない国ですし。でもお気持ちが晴れ晴れされたのなら、とっても素晴らしいことですね!

    • ケシー ケシー より:

      なんか、敢えてそっちを
      言っていた事が
      どこか罪悪感があったんですよね^^;

      気持ち晴れ晴れです!
      ありがとうございます♪

      けし子

  3. 青海 ともこ より:

    軽くなったケシーちゃんに、幸せ♡ ^ – ^
    お母さんのケシーちゃんにおめでとう♡
    楽しみにしています。

  4. スポコン より:

    すごい!

    素晴らしいシェア、感動しました。

    自分のためじゃなく、愛する人のために、勇気を持って一歩踏み出してますね!あえて、おめでとうございます!と言わせて下さい。分かち合ってくれた言葉こそ何物にも支配されない自由さだと感じました。力付けたくて書いちゃいました。

コメントを残す



コメント